元野良猫『こてつ君』の闘病日記 ⑧

\ この記事が気に入ったらシェアしてください!/
セシル

こんにちは,心理ブロガーのセシルです🍀

 今日は,私の大切な家族,愛猫の『こてつ君』についての日記を投稿させていただきます🍀

目次

元野良猫『こてつ君』の闘病日記 ⑧

こてつ君はどんどん回復しています (^^♪

血液検査の結果(※左の数値が最新)

 こてつ君の手術から2カ月が経ち,健康状態は安定しています (^^♪

 血液検査の結果も,腎臓の数値が正常値で安定していて,貧血もかなり改善しました!

(※HCTが劇的に改善し,CREが正常値で安定しています)

 私も獣医さんもようやく一息ついたところです (^^)

 こてつ君は,ご飯もよく食べて,水もよく飲んでくれています。

 入院時はご飯を全く食べなくなり,体重が2kg台まで落ちましたが,現在は3.4kgまで戻っています。

 人間はすぐに太るのに,猫ちゃんは時間がかかりますね(笑)

 もうシニア猫なので,今後に備えて,こてつ君の体重4kg以上を目指して頑張ります!!

一時的に『細菌性膀胱炎』になりました

粉薬 in ウェットフードを食べるこてつ君

 こてつ君の状態は良好ですが,

 少し前にやや頻尿と薄い血尿があり,病院で検査すると,細菌性の「膀胱炎」になっていることが分かりました。

 獣医さんによると,「結石」や「人工物」には細菌がつきやすく,手術や入院に伴うストレスが原因で膀胱炎になってしまうことがあるそうです。

 そこで,抗生剤の粉薬を処方してもらいました。

 1週間ほど,ごはんに粉薬を混ぜて与え続けると,細菌も減って,こてつ君の膀胱炎はすぐに改善しました (^^♪

 ただ,粉薬がよっぽど苦かったのか,ドライフード(療法食)に混ぜて与えても一切食べませんでした。

 そこで,味の濃そうなウェットフードに粉薬を混ぜて,苦さを誤魔化す作戦を考えました。

 その作戦が見事に成功して,粉薬もすべて完食してくれました (^^♪

 今回お世話になったウェットフードがこちらです↓↓(※ご参考までに)

粉薬を混ぜたウェットフード。食いつき抜群でした (^^♪

 ウェットフードに粉薬を入れて,爪楊枝でよくかき混ぜてから与えていました。

 粉薬をすべて与えきってからは,以前のドライフード(療法食)だけの生活に戻しましたよ (^^)

 薬を嫌がる猫ちゃんへの裏技としておすすめです♪

セシル

 最後まで読んでくださり,ありがとうございました🍀

 それでは,また🍀

\ おすすめの猫用品の楽天コレクションはこちら (^^♪/

\ ポチッと応援をお願いします!/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
\ この記事が気に入ったらシェアしてください!/

コメントを書いてみよう (^○^)

コメントする

目次